礼服の基本って何?

皆様こんにちは!

オーダースーツサロンことりやです。

冠婚葬祭の各シーンで男性は、『礼服』と呼ばれる黒いスーツを着用します。

当店でも、礼服をオーダーしたいとご来店されるお客様もいらっしゃるのですが、

簡単にブラックスーツの基本マナーをご紹介したいと思います。

1.黒色が濃いものを選ぶ

漆黒と呼ばれる濃い黒色であることが基本で、

ブラックの色味が濃ければ濃いほどフォーマル度が高くなります。

2.光沢が控えめな無地を選ぶ

無地が基本マナーです。慎み深さを表現したい場合は、

光沢が控えめなマットな生地の方がベターです。

(主にウール100%素材の生地を使用)

ただし、お祝い事であれば光沢のある生地でもOK!

3.パンツの裾はシングル仕上げにする

裾の形はシングル仕上げにするのがマナーです。

股下の長さは、座っても靴下が出ないように、

靴の甲にワンクッションするくらいがベストです!

4.番外編

デザインの違いですが、

・AMFステッチなし・・・衿部分にステッチが入っていない

・ノーベント・・・後ろ裾部分に切れ目がない

などと、細かな部分でビジネススーツとのデザインに違いがあります。

このように礼服にもさまざまなルールやマナーがあります。

礼服をオーダーされる際には、ぜひ参考にしてみてくださいね♪